TOEIC470-600点の人が英語が喋れてかつスコア800点を目指す方法。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TOEIC470-600点の人が英語が喋れてかつスコア800点を目指す方法。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
TOEIC470-600点の人が英語が喋れてかつスコア800点を目指す方法。TOEIC800プラス英語ペラペラの勉強法

自分の体験からこの順番でやれば、ほぼ確実に英語を喋れてかつTOEIC800点超えができると考える方法です。

TOIECスコア470-600点の人は既に自己学習や大学受験などで英語を勉強している
という人で、ある程度文法の基礎や、英文回路の初心者版ができています。

よって、英語をしゃべれるようにする学習と同時にTOEIC対策を行えば、
十分にTOEIC800点を狙え、英語でペラペラになれるでしょう。

最初の発音と英会話用のトレ-ニングで英語の文型解釈を定着させて、かつ 
実際の英語を発話する練習をする。
その後、文法とリスニングの強化を行い、最後に語彙量を拡大するというパターンが王道ですね。

(学習順序)
順番1)発音

1)英語耳ドリル

英語耳ドリル1ヶ月ほどやりこみ、発音と英語が聞きとれる耳を身につける。

ただし、本だとわかりづらいときはUDA式のDVDを参考にしましょう。
英語の発音はUDA式30音トレーニング(DVD)!

順番2)瞬間英作

1)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
2)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング
この2冊を舌にのるまでやる。(最低3回、5回以上は繰り返し)

順番3)Skype英会話を受講する。(日本語がわからない講師が良い)

DMETeenか、もしくはDME、か、カランメソッドの何れかを選択し、実際の外国人との”強制的に発話して”英会話を積み重ねる。

私はEnglish-bellで受講していますが、ネットで検索すれば、たくさんの
オンライン英会話レッスンが見つかるでしょう。

入学金0円!1レッスン385円~!『イングリッシュベル』

順番4)英文法(高校レベル)

1)自分が大学受験の時に利用したものがあれば、それを行う。
もしくは別の大学受験用の英文法問題集かTOEIC用の英文法問題集を1冊やりきり、最低3回以上は繰り返して、1冊を極める。
(大学受験のときに自分が利用したもの以外はなるべく薄めがよい)

順番5)TOIEC対策用英文法と語彙(2.5ヶ月)
1)文法 新TOEICTEST 文法特急、新TOEICTEST 文法特急2を3回以上繰り返す。TOIECで
時間が足りないを解消するために素早く解くことを意識しましょう。1冊30分で終われるようになれば完璧。

2)語彙熟語 新TOEICTEST 熟語特急全パート攻略 を3回以上繰り返す。
これを教材に瞬間英作をやるのもよい。

3)語彙 新TOIECテスト 単語特急、新TOEIC TEST 単語特急2 語彙力倍増編
を3回以上繰り返す。

それぞれ特急シリーズを3回以上問題を解いた後は問題文が舌に乗るくらいに”音読する”。
特急シリーズは音声データがダウンロードできるので、Ipodなど音声端末にいれ、
”リピーディング”、あいた時間に”リスニング”をして使い倒す。

順序6)TOEIC模擬試験型問題を行って、不得意部分を埋める。

これまでリスニングはあまり紹介していないが、順序2の瞬間英作、順序3のスカイプ英会話で
リスニング能力は強化されているので、この問題集のわからないところを繰り返し聴いて
仕上げれば大丈夫です。

順番7)不足している語彙のアップ

自分の語彙量を確認する。

例えばこのサイト

その後新TOEICTEST出る順で学ぶボキャブラリー990、出るとこだけなどで不足分を埋めます。
後はDuoをはじめ色々英単語参考書がありますので、自分あったタイプでコツコツ語彙を増やしましょう。

短期集中でTOEIC得点UP!!The Japan Times版のWebトレーニング

ここまでやりきれば、TOEIC800点が十分射程圏に入り、日常会話なら英語もペラペラしゃべれるでしょう!

No related posts.

やっし の紹介

もう40歳になるビジネスパースンです。スカイプでカラメソッドを中心に英語をこつこつ勉強してTOEICもそこそこの点数を出せるようになりました。英語はペラペラとはいいませんが、外国人とそれなりに英語でコミニケーションがとれるようになってきました。 TOEIC800点,通常会話ならペラペラとしゃべるを目指しています。 TOEICは旧制度で2004年に840点 ただし、この時点でしゃべりはカタコト程度でした。 2011年に英語学習再開 リハビリ中 2011年8月 695点 2012年2月 770点 2012年5月 850点
カテゴリー: TOEIC対策 パーマリンク

TOEIC470-600点の人が英語が喋れてかつスコア800点を目指す方法。 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: TOEICスコア470点以下の人が800点以上目指す方法 | TOEIC800プラス英語ペラペラの勉強法